更新日:2018/10/25

薄毛対策は、「手遅れ」になる前に!

AGAとは男性型脱毛症のことで、成人男性にみられる生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる症状です。
AGAの原因になるのは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの一種です。
DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれ、髪への栄養補給を阻害してしまう働きがあります。栄養が行き届かなくなった髪はやせ細り、本来の寿命より早く抜けてしまいます。

男性ホルモン(テストステロン)がDHTに変わってしまう要因は「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素なのですが、この酵素の働きは遺伝により大きく左右されると言われています。

生活習慣やホルモンバランスもDHTの生成に関わっていて、放っておくと薄毛はどんどん進行してしまいます。 薄毛の進行はひどくなる前の状態のほうが、AGA治療を始めたときの発毛効果が高いこと、が研究で知られています。

DHTは、投薬で生成を抑制することができます。
AGA治療に最も有効と言われているプロペシアには、DHTを作り出す5αリダクターゼを阻害する働きがあります。
また、医療機関では有効成分を注入することで毛根に直接栄養を与える治療もできます。



病院でAGA治療する場合の費用は?

AGA治療は、保険が効かない自由診療です。
治療費が気になるという方も多いでしょう。
当サイトで掲載しているクリニックの概況をまとめてみると、以下のようになっています。

内服薬は月6000円~7000円程度
外用薬は月4000円~15000円程度
注入治療は1回5000円~10万円程度
HARGは頭皮全体で1回15万円程度
植毛は1000株で60万円~120万円程度
初診料3000円~5000円程度

外用薬や注入治療の値段は、有効成分によってピンキリです。
植毛にもさまざまな方法があるため、差が出やすいところです。

はじめは投薬のみで様子を見ることが多いので、初月は1万円程度を考えておくとよいでしょう。
初診料無料のクリニックや、ジェネリック医薬品を利用できるともう少し安く抑えられるかもしれません。
内服+注入など、セット価格で提供しているクリニックもいくつかあります。

内服薬だけなら個人輸入で安く手に入れることもできますが、当サイトでは医療機関での処方をおすすめしています。
薄毛の原因がAGAではない場合や、個人の判断でトラブルが起きる場合を考えると、プロの指導の下で確実な治療を行った方が早く・安く済みますよ。


AGA治療はどれくらいの期間で効果が出る?

男性の薄毛の原因のとして、AGAは非常に多い割合を占めるものです。 これからAGAの治療を開始しようと考えている方にとって、最も気になるのは治療にかかる期間の目安でしょう。

まず、治療を始めるまでの基本的な流れについて整理すると、クリニックでカウンセリングを受けることが最初のステップとなります。 その後、血液検査などの精密な検査を経て、いよいよ投薬などによる治療に取り掛かることとなります。

結論から言えば、治療を開始してから外見の効果を実感できるようになるまでは、平均で約半年から一年の期間を要します。

AGAの治療は、植毛などの即効性のあるものと異なり、体質そのものを改善するための治療ですから、やはり超短期間というわけにはいきません。

具体的にどのように改善されていくかと言うと、まず最初の数ヶ月では抜け毛が減り、薄毛の進行を食い止めることができます。

半年程度が経つと薄毛で気になっていた部分が徐々に目立たなくなる程度の回復を見せ、 その後は徐々に髪の量が増加しはじめ、フサフサした若々しい頭髪を取り戻している方が目立ちます。

また、AGA治療における投薬は一生涯続けなくてはならないものではなく、いつでもストップすることができます。

このサイトでは、育毛効果が高くなるAGAクリニックを診療内容とコスパで比較評価しています。

育毛サロンとAGAクリニックの違い

共に男性の薄毛に対するケアを行っている育毛サロンAGAクリニックですが、この2つには以下のような違いがあります。

育毛サロンは、エステサロンのようなものです。 医療機関ではない為、ここで行われるケアは主に頭皮環境の改善がメインになります。

まずシャンプーで頭皮の洗浄を行い、ヘッドスパマッサージによって頭皮の血流の改善させ、その後に育毛剤を頭皮や毛穴に浸透させて育毛を促します。 このように外面的なケアを行うのが育毛サロンです。

これに対し、AGAクリニックはその名の通り、医療機関です。 ここでは育毛サロンのような外面的なケアは行わず、内服薬による治療をメインに行っています。

AGAの治療は自費治療となる為、この薬代が高額になりますが、現在ではAGA治療によく使われている有名な治療薬にもジェネリック薬品も登場しているので、1ヶ月分で1万円弱の薬代で済むことも多いです。

AGAクリニックは医療機関ですが、初診料や診察料は掛からないところが多く、ほとんどの場合でこの薬代の負担だけです。

この2つにはこのような違いがあり、このどちらを利用した方が育毛効果が高いのかは、薄毛になってしまった原因が重要になります。

ストレスなどによって一時的に薄毛になってしまった場合は育毛サロンで充分に改善効果を期待できますが、AGAの場合にはそのような外面的なケアでは改善は難しい為、AGAクリニックを利用するべきだと言えます。

こんな人はAGAかも?AGAが原因の薄毛の特徴

AGAが原因の薄毛には、4つのパターンがあります。このパターンに該当していれば、AGAが原因の薄毛である可能性が非常に高いと言う事になりますから、専門のクリニックで早めの治療を受けるようにしましょう。

一つ目は、生え際の両サイドからM字型に後退していくパターンで、脱毛に悩む男性の中で一番多いのがこのパターンです。そり込みのように見えるので、「そり込みハゲ」と呼ばれます。進行が早いM字型ですが、自分で鏡を見て早めに気づける事が多く、早めの対策が取りやすい形でもあります。

二つ目は、頭頂部から薄くなってくるパターンです。「てっぺんハゲ」とも呼ばれます。鏡では見えない場所なので、発見が遅れてしまう事が起きやすくなります。枕に付く抜け毛の量をチェックする事を習慣にするなどして、薄毛のサインを見逃さない用にしましょう。

三つ目は、前頭部から進行する脱毛で、最も進行が早いのがこのパターンです。特に目立つ場所なので、精神的なダメージも大きいと言われます。

そして四つ目は、これらを同時に発症する複合型です。

どのパターンでも、通常の抜け毛に比べて倍近くの抜け毛があると感じたら、発症のサインである可能性が高いです。早めに適切な対処を取ることで、AGAの進行は食い止められます。普段からサインを見逃さない様に心掛けましょう。

AGAクリニックは、診療内容とコスパで選ぶ

ベストなAGAクリニックを選ぶなら、診療内容とコスパをチェックしましょう!

どうにもできないと思われてきた男性の抜け毛・薄毛ですが、最近では病院で治せるということが知られてきました。
以前は「ケア」で抜け毛を予防していましたが、現在ではプロペシアなどをはじめとした「医薬品」での「治療」が主流になってきています。

AGAの治療はほとんどの場合負担の少ない治療から始まり、効果が出なかった場合次の治療に移行します。

★AGA治療の主な流れ
飲み薬・塗り薬

HARGなどの注入治療

自毛植毛

これらの診療は、1つのクリニックで通してできると良いです。
次の治療に移行する場合でも初診料や検査料を何度も払わなくて済みますし、経過をきちんと知っている医師のほうが安心できますよね。
もちろん同時に複数の方法で治療を進められるクリニックも多いです。

AGAクリニックを選ぶには、診療内容をチェックしてみましょう。
多角的な治療を行っているクリニックなら、自分の状態に合ったAGA治療ができます。
また、AGA治療は時間がかかるので、特に内服薬が多い場合ならコスパも大事です。

当サイトでは、20院以上のAGAクリニックの治療内容を評価しています。



人気のAGAクリニックを12項目で徹底評価しました

AGAクリニックを選ぶポイント
メジャーな飲み薬(プロペシア・ミノキシジ)を『低価格』で処方してくれる
内服薬、塗り薬、メソセラピー、整腸因子療法『有効な成分』を使用
頭皮への成分導入は無痛か痛みの少ないLEDや電気導入法を選択できる

人気のAGAクリニックを、『初診料』『血液検査』『遺伝子検査』『プロペシア』『ミノキシジル』『他内服』『外用』『メソセラピー』『成長因子療法』『無痛治療』『電気導入』『植毛』の12項目で評価しました!

初診料 検査 飲み薬 塗り薬 注入 外用 植毛
総評
血液検査 遺伝子検査 プロペシア ミノキシジル 他内服 外用 メソ 成長因子療法 無痛治療 電気導入

秋葉原中央クリニック

無料

5000円

20000円

6000円

4370円

ジュタステリド、ルグゼバイブ、プラセンタ

ミノキシジル(塗)

HARG(ビタミン・促進剤)

HARG(成長因子)

LED

針不使用導入


不明




TOMクリニック

無料~

5000円~

不明

セット価格

セット価格

独自治療薬

ロゲイン他

幹細胞等

再生促進メソ

不明

あり


ARTAS



メンズサポートクリニック

無料カウンセリング

無料(DHT)

30000円

4200円~

4200円~

アボルブ、ザガーロ

ミノキシジルを濃度別

ミノキシジル等からオーダーメイド

不明

不明

不明

不明



AGAルネッサンスクリニック

不明

15120円(DHT)

20088円

4200円~

不明

オーダーメイド

ロゲイン他

不明

スマートメソ

電気穿孔法

不明

ARTAS他



銀座総合美容クリニック

3000円

5000円~

18000円

7000円~

セット価格

抗炎症剤他

セット価格

不明

成長因子3種

電気穿孔法

不明

不明



川崎中央クリニック

不明

料金不明

3万円

3800円~

12000円~

不明

ミノキシジル他

育毛ダーマペン

HARG、PRP

メドジェット他

不明

不明



初診料 検査 飲み薬 塗り薬 注入 外用 植毛
総評
血液検査 遺伝子検査 プロペシア ミノキシジル 他内服 外用 メソ 成長因子療法 無痛治療 電気導入

ガーデンクリニック

不明

5000円

18000円

6500円~

セット価格

サプリ

ミノキシジル他

プラセンタ他

HARG

麻酔

不明

ストリップ法



ベル美容外科

無料

5000円

21600円~

セット価格

セット価格

詳細不明

不明

ウルトラプラセンタ

水光注射他

噴射

不明

不明



親和クリニック

無料~

不明

不明

5300円~

不明

不明

ミノキシジル

不明

PRP

レクトロダームアドバンス

不明

MIRAI法他



広島中央クリニック

無料

不明

不明

6580円~

4320円

アボルブ

カークランド

不明

HARG

麻酔

不明

不明



AGAスキンクリニック

5000円

無料~

不明

4200円~

セット価格

Rebirth

Rebirth

不明

幹細胞他

方法不明

不明

HairMoving



初診料 検査 飲み薬 塗り薬 注入 外用 植毛
総評
血液検査 遺伝子検査 プロペシア ミノキシジル 他内服 外用 メソ 成長因子療法 無痛治療 電気導入

ゴリラクリニック

無料~

不明

不明

セット価格

セット価格

サプリ

不明

不明

ヘアマトリックス

メドジェット

不明

不明



ヘアメディカル

無料カウンセリング

3000円

19000円

6500円~6000円

不明

フィナステリド、ザガーロカプセル

症状によって使い分け

不明

不明

不明

不明

不明



秋葉原中央クリニック

無料

5000円

不明

13500円

不明

ジュタステリド、ルグゼバイブ

症状によって使い分け

不明

ハーグ

LED

不明

不明



銀座ファインケアAGAクリニック

5000円

無料~(DHT)

20000円

5000円

不明

不明

不明

不明

不明

不明

不明

不明



東京AGAクリニック

無料~

不明

不明

4500円~

不明

亜鉛等

不明

不明

成長因子

不明

不明

不明



紀尾井町クリニック

不明

無料(手術前)

料金不明

5600円~

不明

不明

不明

不明

不明

不明

不明

FUT法



水戸中央クリニック

無料

不明

不明

6500円~

不明

不明

ミノキシジル

不明

HARG

メドジェット

不明

不明



初診料 検査 飲み薬 塗り薬 注入 外用 植毛
総評
血液検査 遺伝子検査 プロペシア ミノキシジル 他内服 外用 メソ 成長因子療法 無痛治療 電気導入

横浜中央クリニック

不明

不明

32400円

7500円

10500円

不明

ミノキシジル他

不明

HARG

麻酔

不明

不明



品川スキンクリニック

不明

15000円

料金不明

7000円

15000円

19800円

不明

詳細不明

詳細不明

電気穿孔法

不明

不明



栄セントラルクリニック

不明

不明

不明

7600円

7000円

不明

ミノキシジル他

不明

HARG

麻酔

不明

不明



静岡中央クリニック

10000円

不明

料金不明

7500円

不明

不明

ミノキシジル

不明

HARG

麻酔

不明

不明



表参道スキンクリニック

3000円

5000円

不明

6000円~

セット価格

ミネラル等

詳細不明

不明

各種成長因子

ローラー、注射

不明

不明



初診料 検査 飲み薬 塗り薬 注入 外用 植毛
総評
血液検査 遺伝子検査 プロペシア ミノキシジル 他内服 外用 メソ 成長因子療法 無痛治療 電気導入

東京ビューティークリニック

5000円

無料~

不明

不明

不明

女性用

女性用

不明

幹細胞再生他

麻酔

不明

HairMoving



HARG治療センター

5000円

不明

不明

不明

不明

不明

不明

不明

HARGENON

電気穿孔他

不明

不明



比較表の見方

AGAクリニックは、以下のポイントによって評価されています。
比較表では、各クリニックがAGAに有効とされる治療法をどの範囲でカバーしているかをチェックしています。

初診料
初診料金が明確に提示されているクリニックは信頼できます。簡単なカウンセリングは無料でも、初診となると別にお金がかかるケースもあるためです。一方、キャンペーンなどによって初診も無料になるクリニックもあります。

血液検査
AGAクリニックで行われる血液検査は、プロペシア処方が可能かどうかの検査と、頭髪の成長を抑制するDHTの血中濃度の検査があります。後者では患者さんの薄毛がAGAによるものかどうかがはっきりわかります。

遺伝子検査
AGAは遺伝子と密接な関係があります。薄毛の原因がAGAかどうか判断できるほか、今は心配ないが、親類にAGAの人がいるため将来が不安だ、という人におすすめの検査です。

プロペシア(フィナステリド)
プロペシアは、日本皮膚科学会が認定した薄毛治療のガイドラインで、「強く勧められる」治療だと認定された内服薬です。毛髪が細くなったり、抜けやすくなるのを防ぎます。
成分は各院でほぼ変わらないため、価格で評価しています。

ミノキシジル(内服)
ミノキシジルには発毛の効果があるため、フィナステリドの育毛効果と組み合わせることでさらなる効果が発揮されます。外用薬として有名ですが、内服薬としても処方されます。内服薬のほうが即効性があるといわれています。
成分は各院でほぼ変わらないため、価格で評価しています。

その他内服薬
生活習慣からくる薄毛を予防するサプリメントや、医院オリジナルの薬、ミノキシジル・フィナステリド以外の新しい薬などを処方している医院もあります。

外用薬
外用薬としては、ミノキシジルの効果が特に信頼されています。ミノキシジルをメインとし、それ以外にさまざまな有効成分を配合したものが多いようです。その成分が合うかは人それぞれのため、種類は多いほうがよいです。

育毛メソセラピーの成分
育毛メソセラピーは、有効成分を頭皮に直接注入する治療法です。有効成分の種類や配合はクリニックによりさまざまですが、ミノキシジルをはじめ効果の高い成分を使用しているメソがよいでしょう。

成長因子を含むメソセラピーの成分
成長因子を使用した注入治療では、HARG療法が広く知られ、効果には一定の信頼性があります。
最近では、HARG以外でも独自の配合で成長因子を使用しているクリニックも出てきています。中には、HARGを上回る効果が期待できるものもあります。

無痛治療
HARGなどの注入療法は頭皮に直接注射を行うため、痛みのために諦めてしまう患者さんもいるようです。麻酔ができる医院もありますが、別料金になってしまうことも。電気穿孔法など、痛みがほぼなく浸透効率も良い導入方法がおすすめです。

電気導入
注入とよく似ていますが、外用治療の一種です。電気によって効率よく外用薬を浸透させる治療で、注入よりもリーズナブルな値段で施術を受けられます。

植毛
自毛植毛を大きく分けると、頭皮を切る方法と切らない方法があります。頭皮を切る方法は、傷跡が残る反面ドナーを無駄にしないというメリットがありましたが、最近の切らない植毛は精密ロボットARTASを使用し、毛根を傷つけず施術できるようになっています。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 =「診療項目数(基礎点)」+「内容の良さ(+α点)」

◎=2点
○=1点
△×=0点


初診料
◎:無料
○:初診料を明記
×:不明

血液検査
◎:DHT検査と明記
○:あり
×:不明

遺伝子検査 ◎:30000円以下
○:検査あり
×:不明

※プロペシア・ミノキシジルは多くの医院で処方されているため、価格で評価しています。
プロペシア
◎:6000円未満
○:6000円以上またはセット価格
×:不明

ミノキシジル(内服)
◎:5000円未満
○:5000円以上またはセット価格
×:不明

※その他の内服薬、注入系の治療は成分をチェックしています。
その他の内服薬
◎:有効とされる成分
○:その他の補助的な成分
×:不明

外用薬
◎:有効成分を使用した薬2種以上
○:有効成分使用薬1種
×:不明

メソセラピー
◎:有効とされる成分(ミノキシジルなど)
○:サポート的な成分(にんにく注射など)
×:不明

成長因子を含むメソセラピー
◎:HARG以上の効果が期待されるもの
○:HARG・PRPなど
×:不明

無痛治療
○:電気穿孔法(エレクトロポレーション)・フラクショナルレーザー・メドジェットなど無痛の注入法
×:麻酔使用で注射の痛みを軽減・不明

電気導入
○:あり
×:不明

植毛
◎:切らない植毛法(ARTAS、MIRAI、FUEなど)
○:切る植毛法(HairMoving、FUTなど)のみ
×:不明


【クリニックのサイト調べ】
※2018年6月1日より、改正医療法に基づく新医療広告ガイドラインが施行されました。
※厚生労働省が公開している医療広告ガイドライン にしたがって、サイトの運営を行っています。
※各クリニックや診療については、事実・リソースをもとにできるだけ正確に記述していますが、記載間違いがある場合は修正してまいります。
※症状や期待できる改善には個人差がある場合があります。改善やリスクの詳細は各クリニックに直接お尋ねください。


男性の抜け毛・薄毛の関連サイト

男性の「抜け毛・育毛」に関係するサイトはこちらです。
   男性用育毛サプリを成分で比較
   男性用育毛剤を成分で比較ランキング